AU dormitory TERRAIN architects

AU dormitory 1st phase 2013


国内外の大学へ入学を目指して、アフリカ諸国から集まった学生のための学生寮です。
敷地はウガンダの首都カンパラ郊外にあります。
第1期工事として、男子寮・教室・食堂を併設するホールが完成しました。
赤道直下で標高が高いという敷地の気候に合わせて、
東西方向に壁を建て日差しを遮り、南北方向に窓を設けて光と風を取り込んでいます。
地元の素材が持つ魅力と現地の職人の技術を活かしながら、
シンプルな構成として、
多様な活動を受け入れる場となるよう計画しました。

A dormitory for students from various country in Africa
who prepare for an entrance to universities here and abroad,
located in the suburban area of Ugandan capital of Kampala.
Boys dormitory, classrooms and conference hall with canteen are completed
as 1st phase of the construction.
Right on the equator and high above sea level, it offers a comfortable climate,
so walls lie in east and west side to keep sunlight out and windows lie in south and
north side to bring light and wind into rooms.
In order to maximize local builders’ technique and character of local materials,
it used local bricks and timber as main materials in a simple composition.


地:ウガンダ共和国 ワキソ県
用途:寄宿舎(焼成レンガ+鉄筋コンクリート造2階建て)
設計協力:Plantek Consultants (Uganda)
施工:Aswangah Construction Services (Uganda)
延床面積:739.72㎡